ローンの残るバイクの処分法

11月 18th, 2015 - 

ローンで買ったバイクを売りたいけれど、まだまだローンが残っているケースで、買取りが可能かどうかというのは、バイク買取り店に寄せられる質問に良く聞かれるものです。

結論から言えば、ローンが残っていてもバイク買取りは可能です。

バイクの査定をした結果、査定額でローンの残額が返済できる場合は、そのまま売却してそのお金で借金を返済すればいいでしょう。

バイクのローン返済、月々のバイクの維持費、燃料代に保険などのコストを考えると、バイクを楽しむためにはそれなりにお金がかかります。

バイク買取り店に売却に出すことで、こうしたランニングコストもなくなりますから、ずいぶん負担が減ります。

問題は、バイク買取りのために査定額を出してもらったら、それほど金額が高くなくて、ローンの残高が査定金額を上回って残ってしまうということもあります。

こうしたケースでもバイク買取りを行う業者はあります。

残ったお金はバイク買取り業者側が建て替えることで買取りを可能にします。

建て替えた金額に関しては、バイク買取り会社側が用意してあるローンで支払をすることになります。

ローンの金額にもよりますが、少額のローンですぐに返済することが可能ならば、月々にかかるほかのコストなどを整理する意味でも、売却してしまう方がいいケースもあるでしょう。

バイクの売却はその時期で査定額が変動しますから、高く売れるうちに売却してしまう方がいいこともあるでしょう。

Comments are closed.