バイクを買取に出すための具体的な準備やポイントって何?

2月 25th, 2016 - 

バイクを買取に出すための具体的な準備とは、エンジンの掛かり具合やオイル漏れの有無をチェックし、それを直してキレイに磨いておくことで査定額が上がります。

査定に必要なチェックポイント・事前準備。

バイクを買取に出す前の準備、チェックポイントはいくつもあります。

代表的なものをピックアップすると、「エンジンの掛かり具合、調子は良いか」、「ブレーキやアクセルの作動はスムーズか」、「オイル漏れなどの異常は無いか」、「ランプやメーターは正常に作動するか」などです。

またシャーシはバイクの乗り心地にも影響するので、走行してみてきしみ音がしたり振動の伝わりに異常を感じたりしたら整備しておきましょう。

見た目のキレイさを軽くみたら損をします。

査定には関係ないだろうと思いがちなポイントに「見た目のキレイさ」があります。

これが意外と重要な査定ポイントになっています。

ドロはね、へこみ、サビがそのままになっているバイクは、オーナーに愛着がなく放置状態にあったことを意味しています。

これで高額買取を実現できるワケはありません。

余談ですが、貴金属の買取でも手入れの良し悪しで査定額が変わります。

大事にされてきたかどうか、その重要な証拠でもあります。

買取に出すのに準備なんか必要ないと考えてしまうようでは、高額査定など望めるはずがありません。

傷ついて不具合が多くて、しかも埃の被った汚いバイクを、高く買取ってくれる業者があるでしょうか。

「値引きしてもらって結構」と言っているようなものです。

出張査定で現物を確かめに来る査定員は、それほど甘くありません。

提示金額に怒ったり落胆したりするくらいなら、それなりの準備はしておくものです。

バイク買取、査定の日に限ってエンジンが動かないのは準備不足!?

1月 10th, 2016 - 

バイクを買取に出すときに、オンライン査定で高い金額が出ても、実際の査定ではそれより低いことが良くあります。

それは持ち主の準備不足。反省が必要です。

買取に出すから手入れなんて不要?

バイクを買取に出すときは、ただ不要になったバイクを売却するという意識ではなく、査定のポイントとなるところを知り、事前にチェックしておくことが重要です。

掃除やメンテナンスなど自分でできることはやっておきましょう。

そうしたことの1つ1つが、高額査定につながる準備でもあります。

手入れのないまま査定を受けると、「バイクに愛着がない=故障箇所や傷みが多い=査定額は低く」という印象をもたれてしまいます。

事前の準備は少なくても10日前から。

バイクの買取でもっとも不満の声が多いのは、「査定してもらっている時に限って、バイクのエンジンの掛かりが悪く、査定に悪影響が出た。

そんなに低い額ではないはず」といった不満です。エンジンは長く使用していないと、掛かりが悪くなるのが当たり前~。

遅くてもバイクを買取に出す10日くらい前からバイクを駐輪場や倉庫から引っ張り出してきて、試運転すべきです。

バイクに愛着があれば、買取に出す前にでもキレイに手入れされているはずです。

査定はその印象から始まっています。

放置したまま、埃が被ったままでは査定員の印象が下がります。

実際に何の準備もなく査定を受ければ、エンジンにもシャーシやブレーキペダルにも異常が発生してしまいます。

ちょっとした準備と心がけ、愛情でバイクの査定額は違ってくるものです。

チェックして不具合のカ所があれば、買取に出すバイクでも修理に出す人さえいます。

長年の愛車をどこでバイク買取依頼したら、高値で売れますか?

12月 26th, 2015 - 

愛車であってもネットのバイク買取を利用すれば、機械的に買取価格が見積もられるだけです。

どうすれば納得できる売り先があるか、お話ししておきます。

販売店かオークションサイトに出すかの二択です。

高値で売れるかどうかはわかりませんが、自分で交渉して納得できるバイク買取をしてもらうには、バイクの中古車買取を行っている最寄りのバイク販売店か、愛好家に向けたサイトに出品してオークション形式で満足できる落札者を待つかです。

ネットにあるバイク買取の簡単査定は、入力する項目が3問程度なので、当てにはなりません。

市場でやり取りしているおおまかな価格だと理解しておきましょう。

最寄りのバイク販売店に持っていけば、自分のバイクがプロから見てどのような状態なのか、なぜそのような査定額になるのかを細かく聞くことができます。

バイク買取の簡単査定で出た価格についても、疑問があれば聞いてみれば納得できます。

価格交渉は、お互いの顔を見合わせて行うのが基本です。

これまでのバイクの扱い方や希望価格なども、その場で話して回答を得ることができます。

同じバイクでも、売り先が違えば高値が付くこともあります。

バイク買取は目安を知るための手段として扱いましょう。

もちろん納得できればバイク買取に依頼して売却してもOKです。

しかしもっと高く売りたい、お互いの好みを共有・共感したいというなら、マニア向けのオークションサイトがおすすめです。

手続きが面倒なら、最寄りのバイク買取店に持っていきましょう。

ネットでは知り得ない情報も入手できます。